about

syatyou-s.jpg

籾山  有

momiyama tamotsu

愛知県知多郡武豊町の一級建築士事務所「住まい工房 たくみ設計」です。 分離発注方式で木の家、自然素材住宅、無垢材住宅を手の届く価格で提案しています。
事務所のホームページは
http://www.takumi-cm.com になります。こちらもぜひ御覧ください。

お問い合わせ takumi-blogbannerTate.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

インナーテラスから桜を見る

2017年1月に完成しましたインナーテラスのある家から

桜並木を見ることができます。

家から桜を見るためにこのテラスを作りました。

毎年この季節は桜を楽しむことができます。

 

 

 

 


完成しました

 

 

 

 

DSCF0375s.jpg

インナーテラスのある家が完成しました。

 

 

テレビ台とガラスの飾棚は施主様の希望通りとなり大変喜んでいただきました。

 

 

 

インナーテラスの屋根は強化ガラスをはめました。

3月〜4月には、ここから川沿いの桜並木を見ることができます。

施主様の要望のひとつです。

 

部屋の中央のトップライトは電動開閉式で通風と採光が居心地の良い空間となっています。

K様邸の天井は杉の無垢板を貼り壁はすべて珪藻土を塗りました。

床は桜の無垢フローリングです。

合板フロアーとビニールクロスは使っていません。

ビーニールクロスの接着剤の匂いはK様は気分が悪くなるそうです。

 


ガラス屋根とトップライト

来週中に仮設足場を撤去しますので、外壁と軒天塗装の点検をしました。

 

 

インナーテラスのガラス屋根も再確認。

 

 

合わせガラスにしていますので物があたっても割れません。

 

 

 

インナーテラスの内観はこんな感じです。今日は秋晴れのスカイブルーがよく見えます。

 

壁は杉板張りで、天井はこれから珪藻土を塗ります。

 

 

トップライトの天井も杉板張りにしました。

トップライトは電動開閉式で雨センサーがついていますので

雨が降り始めると自動的に閉まります。

 

 

 

 


ガラス屋根の完成

台風の来る前に屋根工事も終わり、インナーテラスのガラス屋根も完成しました。

ガラスは強化ガラス4mmの合わせガラス(8mm)です。

テラスの床はタイル貼りにします。建て主さまは「ペットの居場所となるかもしれないが・・・」

ということで、用途は・・・

屋根はガルバリウム鋼板葺きとしました。屋根の下地には遮熱シートを敷いています。

発泡ウレタン断熱厚160mmを吹付け省エネ対策(等級4対応)をします。

 

 

P1140605s.jpg

 


東海市加木屋町 上棟 

今日は、お盆休み明けの好天続きで大変暑い中での上棟となりました。

大工さん4人が炎天下の暑さの中作業をしています。熱中症にならないように

適度な休憩と水分補給をお願いします。

 

 

 

 

 

上棟に至るまでの基礎工事の状況です。

 


東海市加木屋町 地鎮祭

今日は、梅雨空の中地鎮祭を行いました。朝から小雨がパラついていましたが

折りたたみ式テントを準備していましたので急な雨でも安心です。ところが

ケースから出してみるとスチール製のパイプが1本折れていました。

このテントは2代目でまだ一度も使って無く今日が初めてです。

こんなこともあるのかと、今まで開けて見なかったことが悔やまれます。

でも、なんとか設営できてほっとしました。

敷地は長方形で道路からの高低差も無く外構にはコストがかからない分、

建物本体に予算を振りたいと思います。

敷地の南側には、隣接して住宅が建っていますので採光は望めません。

しかし、屋根からの開閉式トップライトで採光を採るようにしましたので通風もあり

快適な空間となります。

この工事は8年前に分離発注で当社が建築させていただいたお客様のご紹介によるものです。

工事経過を時々このブログにUPしていきます。


検討用模型


P1140147s.jpg
現在計画しているガラス屋根のある住宅の模型をこの5月の連休中に作成しました。
ハウスメーカーや工務店などでは模型を作らずにパースやスケッチで
すませているようです。完成時に模型を創ってプレゼントするのは
あまり意味がありません。プランの段階で形にして確認することが必要だと考えます。
建物本体のプロポーションや風、光の状況を詳細に検討することがまず大事なことです。
当社では、パースや図面だけでなく模型で建て主の思いを一緒に造っていきます。
ガラス屋根の下は室内テラスになっていて内部と外部の緩衝部分でもあり、ペットの居場所にもなります。
建て主の希望を形にしてみました。

P1140142s.jpg

1