about

syatyou-s.jpg

籾山  有

momiyama tamotsu

愛知県知多郡武豊町の一級建築士事務所「住まい工房 たくみ設計」です。 分離発注方式で木の家、自然素材住宅、無垢材住宅を手の届く価格で提案しています。
事務所のホームページは
http://www.takumi-cm.com になります。こちらもぜひ御覧ください。

お問い合わせ takumi-blogbannerTate.jpg

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

基礎のコンクリートを打ちました

 

現場の状況は瑕疵保険の基礎の配筋検査が済みました。

真ん中2箇所に地中梁を通して耐震等級を上げています。

土間スラブの厚みは200mmです。構造計算をしています。

 

地中梁の配筋

 

 

コンクリートの打設状況

 

10日後には上棟です。

ブログにアップしますのでまたご覧下さい。


私の趣味の小さな畑

きゅうり、なす、トマトなどの夏野菜も終わり私の小さな畑には

オクラが1本まだ実をつけてくれています。

毎朝1本を茹でて納豆に混ぜていただくのが日課となっています。

一味加えると、納豆も美味しいですね。毎日でも飽きません。

チンゲン菜がいつの間にか2本だけですが昨年の残りが芽吹いて育っていました。

無農薬で新鮮な野菜は美味しいですね。

 

 


読書の秋なので

「読書の秋」と言われる由来は、本を読むのに最適な気候であるからだとか。

10月下旬から11月上旬にかけた2週間が読書週間に定められているそうです。

 

 

本屋さんを覗いたらこんな本を見つけたのでつい3冊も買ってしまいました。

今回は建築の本ではないですよ。

 

「こだわり野菜づくり」のタイトルが気に入ってしまいました。

住まいもこだわりが良い家となりますから。

 

野菜を育てるには土づくりが大切というのが気に入りました。

やはりなんでも土台が大切ということですね。建物も基礎が大事です。

つい、仕事と関連してしまいます。

 

 

Q&A方式で書いてあるのがわかりやすかったのでつい買ってしまいました。

来年は畑にも時間をかけて行きたいですね。

頑張ってみようかな。

 


ガラス屋根とトップライト

来週中に仮設足場を撤去しますので、外壁と軒天塗装の点検をしました。

 

 

インナーテラスのガラス屋根も再確認。

 

 

合わせガラスにしていますので物があたっても割れません。

 

 

 

インナーテラスの内観はこんな感じです。今日は秋晴れのスカイブルーがよく見えます。

 

壁は杉板張りで、天井はこれから珪藻土を塗ります。

 

 

トップライトの天井も杉板張りにしました。

トップライトは電動開閉式で雨センサーがついていますので

雨が降り始めると自動的に閉まります。

 

 

 

 


地鎮祭を迎えました

 

7月下旬のご相談から3ヶ月。図面も急ピッチで進め

本日の地鎮祭を迎えました。

画像の正面の防波堤の向こうはすぐ浜辺となり知多湾の海が一望できます。

眺望を最大限利用したリゾートホテルのような非日常的な空間の週末住宅です。

 

浜辺に降りる階段がすぐ近くにあり休日にはBBQをする若者や家族連れが

集うところでもあります。

 

 

海の近くに家を建てる場合の問題点は、塩害、砂害、台風などですが

木造だと強風の時に建物が揺れます。そのため構造的には耐震等級を

等級1から3にアップし横揺れを防止しました。地震に対しても普通の住宅よりも

耐震性を高くします。

塩害対策としてほとんど板金は使っていませんが水切り鉄板はフッ素塗装をしたものを

部分的に使用します。

太陽光パネルを瓦葺き屋根に載せますが海から50m以内に使用する重塩害対策品

予定しています。

外壁は窯業系サイディングにしましたが杉板張りも良いですね。

定期的に塗装することで維持するようにすると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


中庭でかなえる「閉じながら開く」快適な暮らし

完成後6ヶ月経たY様邸へ訪問しました。奥様の第一声は「とても住みやすい」との感想でした。

道行く人やお隣の視線が気にならないコの字型。

自然を室内に取り込む方法は「南面の大きな窓」でなくても中庭があれば豊かに感じることがわかる実例です。

 

 

 

 

住宅が密集していて開放的な設計ができなくても

中庭を取り入れれば内側に風や光があふれる快適な家を作ることができます。

 


スタディー模型を造ってみました。

基本プランがほぼ確定し概算工事費も算出したところで施主様には

住宅ローンの申込をして頂いている段階です。

 

基本プランを形で見ていただくために模型を造っているところです。

 

P1140884s.jpg

 

P1140903s.jpg


2階のリビングの外にテラスを当初つくる予定でしたが取りやめて

テラス部分もリビングに含め大きな窓をつくることになりました。

2階のロフトの丸窓からも海が一望でき,

2階のお風呂からもオーシャンブルーが・・・最高ですね。

できるだけ予算内で、リゾートホテルのようにしたいです。

屋根には太陽光パネル約9KWを乗せる予定です。

ちなみに、1階はバイクガレージと駐車スペース、玄関ホールと

なっています。

ガレージは、愛車を風雨、温度、いたずら、盗難から守ります。

 

 


私の趣味の小さな畑

P1140682s.jpg

小さな畑ではあるが今年は初めて「ころたん」という品種のメロンを植えました。

4本の苗で20個ほどの実をつけました。

画像はそろそろ収穫期です。早採りは甘くないので見極めがむつかしいです。

 

P1140684s.jpg

濃い黄色(褐色)になり縞模様がはっきり出てきた頃が収穫ですがこの画像は

まだまだですね。

 

 

ミニトマト、ナス、きゅうり、オクラが豊作です。

この夏は、朝取りの新鮮なミニトマトとオクラを毎日、朝食でいただきます。

新鮮なものは、いっそうおいしいです。

趣味と健康がこの小さな畑から生まれます。

P1140691.JPG

 


ガラス屋根の完成

台風の来る前に屋根工事も終わり、インナーテラスのガラス屋根も完成しました。

ガラスは強化ガラス4mmの合わせガラス(8mm)です。

テラスの床はタイル貼りにします。建て主さまは「ペットの居場所となるかもしれないが・・・」

ということで、用途は・・・

屋根はガルバリウム鋼板葺きとしました。屋根の下地には遮熱シートを敷いています。

発泡ウレタン断熱厚160mmを吹付け省エネ対策(等級4対応)をします。

 

 

P1140605s.jpg

 


建設敷地の確認をしました

プラン作成するのにまず最初に取り掛かるのは、建設地の確認です。

隣接地との高低差、隣接地の建物の位置、道路の巾、

排水先、採光はどうか、道路と駐車場の関係

道路後退はあるかなどをまず敷地を見て直感的に把握します。

今回はレベル(測量機器)で高低差を測りました。

海岸の堤防道路より1.7m下がった部分が建設敷地です。

ここへ別荘を建てる計画です。

 

 

 

2階のリビングからオーシャンブルーの海が見渡せる別荘となります。

なんともうらやましい限りです。毎日こんな生活をしてみたい。

敷地確認のあとは役所に立ち寄り、敷地の用途地域、建ぺい率

条例、水道管の位置などを調べました。

この地域は下水処理の設備はまだないので浄化槽を設置しなければなりません。

調査したことを踏まえて概算工事費を算出します。事前調査は重要です。